ガンナーまとめ(ライト)
2/28は忙しくて投稿できなかった。ノートPCも持っていかなかったから、電車内更新も出来なかったし(´・ω・`)。ともあれ、ガンナーまとめ第二段。ライトボウガンについて、毒弾独断と偏見に基づいて書きなぐりますよ。



 まず、ライトガンナーってなんだろね。小型のボウガンを持って飛竜の周囲を駆け回り、邪魔をしたり攻撃したりする。主にはどっちなんだろ? 状態異常? 攻撃? ということで、それぞれを考証してみましょ。

☆状態異常
 いわゆる弱体とかDebuffとか呼ばれるもの。弱体の定番である毒、麻痺、催眠は、このMHシリーズにもある。毒弾、麻痺弾、催眠弾ともに、Lv1で25、Lv2で50の属性値を与えることが可能。そして、この属性値が一定値を越えると、飛竜はそれぞれの状態異常を引き起こす。
 例えば、イャンクック。毒耐性値は初期値100。2回目は150。以後、300まで5段階にアップする。毒弾Lv2一発で50、5秒後に自然回復で10点回復する。5秒以内なら、もう一発打ち込むだけで毒化できるけど、まぁ無理でしょう。誰か毒武器を持っていれば簡単だね。

 めでたく毒化できたところで、耐性値はリセット。0になります。んで、毒化したところにさらに毒弾を撃ち込むと無駄なの? というと、これは否。その、毒化したときの耐性値までは蓄積可能。しかも減衰なし。つまーり、クックたんを毒化させたら、また100まで蓄積させることが出来、しかも毒が治るまではその値を維持してくれるわけです。毒が治ったら、次の耐久値150まで蓄積させればまた毒化可能。理論上、毒が治った瞬間に毒弾2を打ち込めば、そのまますぐ毒化するってことですな。んで、今度も150まで蓄積出来るので、それが解けた瞬間にまた毒弾2で合計200。3度目の毒をプレゼントという。まぁ、一々把握してられないので、毒化したあとも同じくらい撃っておいて、解けたらまた突っ込みましょう。

 クックたんは100であっさりと毒化し、5秒ごとに体力-20、合計、60秒で240のダメージ(大タル爆弾:80)。あとは解析データを参照のこと、って感じなんですが、一般的に色違いは耐性が強い代わりに、削り量が多い、と思ってください。桜たんだと、200、275、350、425、500という高い耐性に加え、5秒ごとに15回復。しかし、毒化すると5秒ごとに30で、60秒間で実に360のダメージを与えます。毒化3回で1080与えれば、桜たんの体力の10%以上をこれで奪うことが出来ます。なお、お魚(翠トトは例外)とフルフルは効果が薄いので、毒弾撃ってる暇あったら貫通弾で攻撃しましょう。逆に、黒グラビモスは、上記桜たんと同じく耐性は高いですが、5秒ごとの削りは40。合計480もの体力を削ります。4回毒を入れれば、毒弾の威力と併せて25%突破ですyp! 毒弾だけで一人前の働きが出来てしまうという。

 次に麻痺弾。基本的に毒と同じ。耐性値なども、各自データを参照してください。フルフルは毒も効きづらい(効いてもろくに削らずに治ってしまう)上に、麻痺もあっという間に解けてしまう(5秒)ので、ライトガンナー泣かせな飛竜と言えます。

状態異常まとめ! 

・耐性値を越える状態異常値を蓄積すると、飛竜は状態異常に陥る
・蓄積量は時間と共に減少する
・状態異常中も状態異常値を蓄積できる上、蓄積量は減少しない
・状態異常中の蓄積量は、その際の耐性値が上限
・色違いは耐性強いけど、一回毒化すると効果が大きい
・お魚(翠トトは例外)、フルフルは毒の効果が低い
・フルフルは麻痺の効果も低い。


 ああ、忘れてた。状態異常弾は、距離、部位による差が出ません。どんな遠くから背甲にあてても、至近距離から腹に当てても、効果もダメージも同じです。

☆攻撃
 次に攻撃に関して。ぶっちゃけ、貫通弾1さえあればオッケー。ヒットマークが大きくなる距離(2/25のエントリ参照)を維持し、バチャチャ、バチャチャ、バチャチャという感じで叩き込みましょう。狙うポイントは・・・

・頭、首、腹、尻尾の一直線
・翼、胴、反対側の翼(小型飛竜)
・右足、腹、左足(大型飛流)

 とにかく、3ヒットさせましょう。剣士組の頭上スレスレをパスして、腹を抉るように打ち込むのがポイント。腹です、腹。とにかく腹。動きが少ないので狙いやすいし、多くの飛竜の弱点でもあります。狙いやすいからといって背中を撃っても、背中3ヒット=腹1ヒットという蒼レウスみたいなのも居ます。フルフルは特殊で、背も腹も堅い。彼(?)はやっぱりライトボウガン殺しですねぃ。

 さて。ここでなぜ貫通弾1を推すのかを。貫通弾1は、攻撃力係数が割と高く、3ヒットで通常弾2の2.5発分を与えます。3ヒット程度なら横からも狙いやすい上、弾速が遅いライトボウガンとの相性もバッチリです。また、減衰距離が比較的長めなのも同様の理由で相性がいいです。ライトボウガンはサイレンサーつけてる場合が多いので、すぐに威力落ちちゃうんですよね。フットワーク軽いので、距離の調整も楽々。さらにさらに、貫通弾の弱点はその装弾数の少なさゆえの、頻繁にリロードを必要とするところ。ライトボウガンはリロード速めの傾向があるので、これすらも相性がいいのです。

ということで、攻撃のまとめ。

・弾は貫通弾1だけでいい。足りなきゃランポス牙+カラの実だ。
・足を使って距離を調整。腹を中心として3ヒットを狙え。
・腹!
・フルフルは通常弾で顔。怖いが泣くな! いや、むしろ泣け!!

 これで、徹底して貫通弾1を打ち込むと、回避に割く時間を考慮すれば、割といいダメージを与えます。まぁ、つべこべ考えず、調合書、ランポスの牙、カラの実、貫通弾1を持ってオフで飛竜を狩ってみんしゃい。やれば分かります。


☆総合
 ということで、ダメージを与えるなら、まず毒化。耐性値との兼ね合いで、その後も毒を与えるか、貫通で削るかを考える。同様に、耐性値との兼ね合いで、何回麻痺させるかも考慮に入れる。追い込まれてから暴れる傾向もあると私は思っているので、まずは毒と貫通で削っておき、後半に麻痺で一気に〆る(〆てもらう)戦法がいいかなという。もっとも、夫妻やうらび、ブロスなど、尻尾切らないと危ない(ゲリョスの頭もね)のも居るので、彼らは先に麻痺らせて斬って貰った方が良いかも。

 試しに徹底的に麻痺させてみたんだけど、明らかに仰け反り回数少ないし、麻痺するまでの暴れっぷりも酷い。走りループに入っているときに貫通で仰け反らせて、剣士が駆け寄る時間を稼いだ方が、結局は時間短縮に繋がっていると感じた。
 それでも、剣士諸君にはひたすら麻痺のウケがいいのにはちょっと閉口。攻撃を受けない → 回避の時間、転がる時間、回復薬飲む時間を攻撃に回せる → (゚д゚) ウマーの理屈は分かっているんだけど、それでも麻痺に頼りすぎるのは良くないと思った。
[PR]
by REDist | 2005-03-01 14:29 | ガンナーまとめ
<< ガンナーまとめ(ヘヴィ) ねんg >>