まびのぎ
飽きた



 だけじゃアレなんで。基本的にRO系統。可愛い系であることとかね。完全3Dながら、なんちゃらレンダリングで、アニメっぽいというかROっぽい画面の雰囲気。ノートPCでPHSでもプレイ出来たから、敷居はかなり低いと思われ。

 システム的には、生活を前面に押し出した農耕民族向け。「マビノギ」自体が吟遊詩人が歌う歌のことらしく、楽器演奏にかなり力が入っている。MMLという音楽用の記述言語で、オリジナルの演奏も可能。スペランカーのテーマ流してる人も居るらしい。やっぱり、すぐに死亡時のアレに派生するのかな。
 ちなみに、わたしのネットデビューは1993年のニフティーサーブのFGALRAYで、MMLデータをうpするなどの活動をしていました。MMLはお手の物っす。ファーストキャラはAPを無駄に使いすぎたので、楽器特化のセカンド作ろうかな? 色々打ち込んでみたい。

 閑話休題。成長に関して。経験値が貯まると、Lvが上がって、基本ステータスが伸び、APというものが貯まる。このAPを任意のスキルに割り振ることで、自由度を持った成長を行うことができる。一言で言えば「LV制+スキル制」。

 スキルはクエストとか条件を満たすと、最下層のFランクが獲得できる。ここからE→D→C・・・と上げていくんだけど、それぞれのランクアップにAPを消費するんだな。
 任意のタイミングで任意のスキルに割り振れるとは言うものの、あらかじめそれぞれのスキルを勉強したり使用したりすることで訓練を行う必要がある。例えばガードスキルなら「敵の攻撃を70回ガードする」「敵に20回ガードさせる」「敵のガードを5回破る」とか。
 これらのうち一部条件をクリアすればさくっとスキルランクを上げることが出来るんだけど、完全に満たしてからスキルランクを上昇させると、貴重なボーナスが貰えたりする。貰わない手は無いので、せっせと訓練するわけだな。

 成長させるのはまぁそこそこ楽しい。けど、戦闘がちょっと単調。経験値は街中のアルバイトや各種クエストでも稼げる、というかそっちの方が稼げるんだけど、これも単調。製品版で色々盛り込まれるならいいんだけど。

 FFやUOを良く研究してるな、って思った。ボス戦闘の前にムービー流すあたりはFFだし、生産系の豊富さや無駄な要素が多いのはUO系統。FF、UO共に存在する必殺技がコレに実装されないと考えるのもちょっと不自然。まだまだ追加要素はあると思いたい。今後の開発如何によっては名作MMORPGになる可能性がある。要経過観察案件。
[PR]
by REDist | 2005-04-13 12:52 | 他ゲーム
<< 中華なお国とそのあたり(その3) 週末の過ごし方 >>