えばきゅー(7)
 楽俊スキーなやじばです。十二国記知らない人ごめんぬ。そんなこんな(どんなだよ)で、ラトンガのファイターである、Kudon(苦鈍)を作ってみました。




 昔飼っていたリスの顔を思い出しながら、メイキンっ。こんな感じかな(SS撮り忘れ)? 次に毛皮。真っ白いネズミは良く見かけるので、若干ストライプが入ったグレーの毛皮にしました。完成間近にまぁくんより入電。
ま:「ラトンガ作ってる?」
や:「今、出来たとこ。まもなく出る」

 まぁくんとぼた公が新キャラ作って待っていましたよ。それぞれ、トカゲ僧侶とダークエルフ魔法使い。苦鈍は身長半分しかないよ。ユーザインターフェイスのカスタマイズをパパパっと済ませ、いざ出陣。

 ・・・か、かわいいっ! つぶらな瞳、キュートな口元。ジャンプすると「みゃっ!」。攻撃しても「みゃっ!」。倒れる時は「みゅぅぅぅ」。もう、種族のスペックなんてどうでもいいや。ラトンガで行こう。

 3人でグループを組み、経験値を稼ぎつつ難民島のクエストをこなします。わずか50分ほどで脱出の条件をクリア。行きがけの駄賃にオークを倒してみます。まぁくんもぼた公もかなり上手になっているので、連携もバッチリ。さほど苦労することも無く、これを討伐。はぢめてのフリーポートに、みんなで出航しました。まぁ、到着先はそれぞれの種族の街になるんですけどね。

 うわっ。汚っ! まるでネズミの巣だ(ネズミの巣です)。壁は汚れてるし、商売敵を殺す算段してる人たちが居たりするし。明るいケイノスとは大違い。
 とかやっているうちに2時を回ってしまったので、フリーポート市民権を得たところでログアウト。今週一杯、いじり倒そうかね。
[PR]
by REDist | 2005-06-07 10:52 | EverQuest2
<< わたしがあなたにくれたもの えばきゅー(6) >>