FF復帰二日目
 FF復帰二日目。会社から帰宅して、PS2を起動。MHが起動したので、厨房キャラでしばらく遊ぶ。両手剣強化の為に、ラプトルを狩りまくる。爪が溜まったので、蛇刀(両手剣の一種)の2段階まで強化。
 そのまま、オフラインクエストの☆3を。ケルビ狩ってたら、大怪鳥の襲来。確か、☆4のクエストで倒すんだったけなぁ、とか思いながらさくっと殺害。基礎が出来ているせいか、貧弱な装備でも危なげなく。最初、滅茶苦茶苦労したんだけどな。閑話休題。
 死体を切り刻んでいたらレアな「大怪鳥のクチバシ」をゲット。これは沼地の爺さんに渡すと、ライトクリスタルに交換してくれる。ライトクリスタルがあれば、蛇刀を最強段階へ強化できる。思わぬ幸運に喜びつつ、沼地へ行くためにオンラインへ。オフだと☆5まで行かないと沼地に行けないのよね。
 折角なので、厨房溢れるブレイブサーバーをチョイス。難なく爺交換を済ませ、満足。あとはまたラプトルを狩って爪を集めれば現段階で最強の両手剣を鍛えることが出来る。と、そこへ一人の厨房が出現。

厨:「☆4の火山へ連れてってww」

 挨拶もなしにいきなり。本当に居るのね、こういう阿呆。火山へ行くと、紅蓮石という鉱石が掘れる。厨刀と呼ばれる、最強厨好みの両手剣を作るのに必須なのだね。自分のランクが足りないのに、他人に寄生して、格上の武器を作ろうとしているわけだ。いわゆる、寄生厨。
 火山は☆5~なので、「火山は☆5にならないとありませんよ」と、分かりきったツッコミを入れてみる。

厨:「☆5だったw」
R:「☆5に上げれば、自力で行けるようになりますよ。頑張って上げてね」
他:「わたしもそう思います<以下、無礼な奴を拒絶する内容>」
厨:「連れてってよ」
R:「ママに頼みな」

しばらくして

厨:「うざーー」
・厨房が街を出ました

「うざーー」発言から、街を出るまでの時間、わずかに0.5秒。華麗なまでの捨て台詞。さすが厨房の掃き溜め、ブレイブサーバー。期待に違わぬ見事な厨っぷりを拝ませていただきました。

 このあと、無事に蛇刀を作成。オフ☆4のクエストをバリバリこなし、☆5にあがったところで眠くなったのでやめ。


 ・・・・・・FF起動して無いじゃん。
[PR]
by REDist | 2004-05-28 11:15 | FF11
<< 拉致被害者家族について ぶろがーでびう >>