絶句
例の事件の被害者の父の手記

 なんか、色々コメント考えたんだけど、なんというか、筆舌にしがたいというのがこれなのかな。何を書いても、陳腐で失礼な文しか出てこない。

 揶揄するつもりはない、と断っておくけど、文章力のある人の文は訴える力が違うね。モノを書くのがお仕事の人が、乱れた文を書いてる時点でなんというか、ショックの程が伺えると言うか。とか書くのは失礼か・・・。

 加害者少女は重い頚木を背負って生きるんだな、と思った。6/4に加害者少女について書いたときは、これっぽっちも考えてなかった。でも、ひょっとしたら、また物語の中の話のように、流しちゃうのかな、彼女は。
 朝から鬱になっている自分は、それなりにマトモな神経を持っているのかも。悔しいので、読者さんたちにも鬱をお裾分け。
[PR]
by REDist | 2004-06-08 09:49 | 時事ネタ
<< バントホームラン リコール隠し >>