今日も今日とてマスコミ叩き
 お仕事が本当に忙しくなっちゃって・・・。保守屋さんは、暇な方がいい仕事してる証拠なんですけどねぇ。

 さてさて。今日はやっぱり選挙ネタ。すでに、いつものYodaway2さんのところ(参議院選挙でどうなる、どうする。ご意見あれば、ぜひどうぞ!)にはコメントをカキコしてきたんですが。この記事のトラックバック元ですね。

読売:民主が大幅躍進、自民は改選議席の50割る
産経:民主躍進、自民伸びず 首相続投、手法には批判
朝日:自民敗北、改選数割る 民主は躍進
毎日:自民敗北、改選数割れ 民主躍進、獲得議席1位

 4誌とも民主躍進の文字。まぁ、そのとおりでしょうね。+12議席。自民党は、朝日と毎日は「敗北」の文字。読売産経は伸びず、とかそういった表現。でも、改選数50で49議席ってのを忘れちゃいけない。結果的に、1議席を失ったに留まっている。マスコミが散々民主優勢報道してきた割に、自民党は1議席しか減っていないという、なんともおかしな結果に。
 民主党は勝利、自民党はわずかに議席-1。どっちも決定的な敗北をしていないじゃない? と、結果をもう一度見れば、派手に議席を失った政党が。・・・共産党。あれだけの候補者を出して、一人も当選しないとは・・・。

 つまり、客観的にみれば、自民-1(ちょい負け)、民主+12(大勝)、共産-11(大敗)ということなわけで。さらにコレに公明党を加えると、与党±0な結果。おいおい、民主党大勝は確かだけど、与党は負けてないぞ。朝日と毎日は何を考えてこの見出しを付けたんだ。んでは、REDist風に見出しを付けてみよう。

民主大躍進も、与党の牙城を崩せず

 Yodaway2さんとこにも書いたけど、民主は自民を切り崩せなかったあたり、敗北と捉えても構わないんじゃないかな。小泉政権を倒す! ってのを実現するには、確実に自民票を削り取らなきゃいけなかった。改選数-1程度じゃ、誰も引責辞任なんてしないし、小泉政権を揺るがすことが出来なかった。その意味では、民主党は野党の再編成を為したに過ぎない。

 これが意味するところは何か? 日本国民はマスコミが煽るほど自民離れしていない。言い方を変えれば、小泉離れをしていない。小泉政権に嫌気はさしているかも知れないが、それに代わる政権が出てくるとは思っていないだけかもしれない。マスコミさん達は、もうちょっと真実を知った方がいいんじゃないかな? 自分らの事実じゃなくて。

---12:25---
参照
今回任期切れは124議席。改選が121議席。2.5%減。50議席の2.5%は1.25だから、実質0.25%伸びてるよ、自民党。やっぱり負けてないんじゃない? 3年前の小泉人気で過半数を守ってるだけにせよ。
[PR]
by REDist | 2004-07-12 10:49 | 時事ネタ
<< LS乗り換え 事実と真実 >>