ジェンキンス氏再来日
 わざわざ再来日という言葉を。朝鮮戦争の時の日本とどれだけ変わったのでしょうか。若輩者であるわたしには分かりませんが。前回は米兵。現在も一応米兵。脱走兵? 少なくとも拉致被害者とは呼ばれては居ないですね。

 わたしは、ジェンキンスさんには、訴追問題をしっかり片付けてから、日本に腰を落ち着けて欲しいと考えています。米軍がしつこいのは、彼の持つ北朝鮮の情報欲しさ故、というのもまったく無いわけではないでしょう。しかし、法的な裁きも必要だと考えます。他の同胞を裏切って逃亡したのなら。
 日本政府がするのは、情状酌量を求めていくこと。日本の世論がそれを後押しするでしょう。ここで反米感情をもたれるのは得策ではない、ということは米軍とて重々承知。日本はそれほどまでに、戦略的にも戦術的にも重要な国。無碍なことはすまいて。まー、6月のブログでは、こんなこと書いてますが。そこから、またyodaway2さんのところへ遡っても面白いかも。

 繰り返しになりますが、米軍に情報源として利用されるのは業腹。それでもキッチリけじめは付けて欲しい、と思います。第一、娘さん達は、日本で逃亡者の娘として過ごすのですか?
 と、ここ数日思ってたのですが、その辺はジェンキンス氏も考えている様子。「リスクを引き受ける。家族が一緒に暮らすことが重要だ」と語ったそうな。(*´Д`*)
 なーんだ。パパがんばるじゃん。侠気を見せる人にはわたしゃ、寛大だよ。むしろ、応援する。米軍の司法取引で、さんざん北朝鮮の軍備の推移やら色々聞かれるとは思うけど、自らの、そして家族の未来の為に頑張って欲しい。日本の世論。ひいては、日本国そのものがあなたを応援しているのだから。
[PR]
by REDist | 2004-07-20 00:53 | 時事ネタ
<< 主にオンラインゲーム がんばれ小泉純一郎 >>