カテゴリ:時事ネタ( 38 )
今日も今日とてマスコミ叩き
 お仕事が本当に忙しくなっちゃって・・・。保守屋さんは、暇な方がいい仕事してる証拠なんですけどねぇ。

 さてさて。今日はやっぱり選挙ネタ。すでに、いつものYodaway2さんのところ(参議院選挙でどうなる、どうする。ご意見あれば、ぜひどうぞ!)にはコメントをカキコしてきたんですが。この記事のトラックバック元ですね。

読売:民主が大幅躍進、自民は改選議席の50割る
産経:民主躍進、自民伸びず 首相続投、手法には批判
朝日:自民敗北、改選数割る 民主は躍進
毎日:自民敗北、改選数割れ 民主躍進、獲得議席1位

 4誌とも民主躍進の文字。まぁ、そのとおりでしょうね。+12議席。自民党は、朝日と毎日は「敗北」の文字。読売産経は伸びず、とかそういった表現。でも、改選数50で49議席ってのを忘れちゃいけない。結果的に、1議席を失ったに留まっている。マスコミが散々民主優勢報道してきた割に、自民党は1議席しか減っていないという、なんともおかしな結果に。
 民主党は勝利、自民党はわずかに議席-1。どっちも決定的な敗北をしていないじゃない? と、結果をもう一度見れば、派手に議席を失った政党が。・・・共産党。あれだけの候補者を出して、一人も当選しないとは・・・。

 つまり、客観的にみれば、自民-1(ちょい負け)、民主+12(大勝)、共産-11(大敗)ということなわけで。さらにコレに公明党を加えると、与党±0な結果。おいおい、民主党大勝は確かだけど、与党は負けてないぞ。朝日と毎日は何を考えてこの見出しを付けたんだ。んでは、REDist風に見出しを付けてみよう。

民主大躍進も、与党の牙城を崩せず

 Yodaway2さんとこにも書いたけど、民主は自民を切り崩せなかったあたり、敗北と捉えても構わないんじゃないかな。小泉政権を倒す! ってのを実現するには、確実に自民票を削り取らなきゃいけなかった。改選数-1程度じゃ、誰も引責辞任なんてしないし、小泉政権を揺るがすことが出来なかった。その意味では、民主党は野党の再編成を為したに過ぎない。

 これが意味するところは何か? 日本国民はマスコミが煽るほど自民離れしていない。言い方を変えれば、小泉離れをしていない。小泉政権に嫌気はさしているかも知れないが、それに代わる政権が出てくるとは思っていないだけかもしれない。マスコミさん達は、もうちょっと真実を知った方がいいんじゃないかな? 自分らの事実じゃなくて。

---12:25---
参照
今回任期切れは124議席。改選が121議席。2.5%減。50議席の2.5%は1.25だから、実質0.25%伸びてるよ、自民党。やっぱり負けてないんじゃない? 3年前の小泉人気で過半数を守ってるだけにせよ。
[PR]
by REDist | 2004-07-12 10:49 | 時事ネタ
事実と真実
 さて。今日もまた、私のマスコミ嫌いが炸裂します。三菱扶桑トラック、三菱自動車などのリコール隠しが明るみになって以来、やたらと三菱車燃えてますよね。異常だと思いません? 今までだって、車両火災はあっただろうし、三菱以外にも車両火災はあるはず。むしろ、他のメーカーが燃えずに三菱ばっかり燃えてたのなら、今まで、その三菱車の欠陥が明るみに出ない方が異常。

 つまり、リコール隠しで「三菱車は欠陥品!」と思い込んだマスコミが、「三菱車が車両火災です」っていう記事に「おお! やっぱりか!!」と食いついて、したり顔で、「やっぱり三菱車は欠陥品なんです」って報道しているに過ぎないと。
 多分、「日産車も燃えますた!」ってニュースが飛び込んできても、「三菱じゃないんでしょ? それじゃ面白くないよ」って黙殺されてるんじゃないかな。
 三菱車が燃えているのは事実だけど、三菱車だけが燃えている訳じゃないハズ。だってさ。バッテリー液古くても燃えるんだよ? 整備不良の車だってあるに違いないわさ。昨今の三菱叩きは異常と思える。まぁ、発端は自らのリコール隠しにあるから、ある意味自業自得だけどさ。

 以前も書いたけど、マスコミは事実を報道するけど、必ずしも、それは真実じゃない。たとえば、サマワでは自衛隊に協力的な市民も多いらしい。一部に、自衛隊も米軍の手先として見ている部族も居る。マスコミは、ニュースが欲しいわけで、それがセンセーショナルであるに越したことはない。「昨日は、道を80m直しました(*´д`*)」って平和にしゃべるおっさんと、銃を抱えた危ないおっさん、どっちを報道したら面白いかなんて決まっている。

 「マスコミは事実を報道するが、その全てが真実ではない」ということを、念頭において報道を観るようにしないと、世の中を歪んだ眼鏡で見てしまう。むしろ、日本の世論は、マスコミによって歪められたものだと思った方がいいのかも知れない。
 小泉人気なんて、その最たるものだと思う。その昔は、旧体制=悪を打倒する、庶民の味方だったけど、昨今は小泉自体を旧体制扱い。マスコミが小泉さんに飽きただけなんじゃないかな、と思う。言ってること、やってることは昔から大して変わらないと思うよ、ホント。まだまだ信頼してます、小泉さん。

 あ、念のため。「ふはははは、世の中の愚民どもが、マスコミに踊らされておるわ。我のような、超絶天才でなければ、この仕組みから逃れられまい」とか言ってるわけじゃないですよ。ただ単に捻くれもので、他人と同じ見方、同じ意見を持つのが嫌いで、その為にマスコミを批判しているっていうのが、主な動機だと思うから。


------ 10:28 ------
読売が同様なこと言ってた。ぬぅぅ。ちょっとマヌケだなぁ。昨日のうちに書いておくんだった。
[PR]
by REDist | 2004-07-06 10:19 | 時事ネタ
オイルの泥沼
・現在のイラクは、ほぼ無政府状態で治安が悪い、だから米軍は駐留している。
・米軍が居なくなれば、標的は激減。多少なりとも治安の回復が見込めるかも。
・しかし米軍がテロに屈したように見られては、世界はテロリストの脅威に晒される。
・ひょっとしたら、抑止力減少により、治安はもっと悪くなるかもしれない。

∴米軍は身動きできません

 ベトナム以上に泥沼ですね。ベトナムはテロリストじゃなくてゲリラだったんで、撤退も可能でしたが。「テロリストに屈せず」は、世界的なお約束。困ったものです。

 もし、米軍が撤退すると、外に向いていた標的は中に向くことになります。イコール、ドロ沼の内戦に突入。部族ごと、宗派ごとに、利権を巡って、血で血を洗う激しい内戦が。
 今までは、フセインがガッチリと利権を握っていたので、傍流の部族宗派は大人しくしてましたが、フセイン一派は米軍に粉砕されてしまいました。今、石油が生み出す膨大な利権は宙に浮いているも同然。「米軍が押し付けた傀儡政府など、我々は認めない!!」っていう大義名分の元、武力で奪えますからね。ここでもテロですよ!

 例えば、サマワが安定し、自衛隊が活躍して、サマワの公共事業などが充実、市民が安定した生活を送ることが出来るようになったとします。安定したところにはお金が集まりますね。「我々が貧しいのは、米軍の傀儡である自衛隊が、特定部族に肩入れしているからだ!」という理由を付けて(本当はただの僻み)、他の部族宗派がテロですよ!

テロって本当に便利ですね。
[PR]
by REDist | 2004-06-30 11:02 | 時事ネタ
イラクとイスラム教 日本と…?
 王権神授説ってのがありまして、有名なところでは近代フランスの王権とかがコレ。平たく言えば、「うちらの王様ってば、神様にその地位を授けてもらったのさ。だから、逆らっちゃダメよ。神様のバチが当たるよ!」っていうシロモノ。中央集権を安定させるために考案された、システム。宗教が盛んな国ではとっても有効な手段。っていうか、そもそも大和朝廷も、山幸彦が海幸彦の釣り針探しに行った先で、海神の娘を孕ませちゃって、その子が初代天皇である神武天皇の父ですよ、みたいな伝説をぶち上げてますがね。海と山双方の血を引くってあたりが良く出来てますね。

 さてイラクのテロリストさん達。それぞれの指導者層には、「~師」みたいのがよく居ますよね。彼らは、彼らの思想を神のそれとのたまうわけですよ。何分、偉い坊さんにそんなこと言われれば、檀家の人々も「なるほど、神がアメリカを悪と断定なさるなら、アメリカは悪に違いない」と、あっさり納得しちゃうわけで。イスラム教の中でも過激なソレでは、たとえ死が避けえぬことであろうとも、神の意思に沿うのは喜びである。むしろ、多くの悪を滅ぼせば、死した後、その魂はより神の御許に近づける、ってな具合で、自爆テロを煽るような教義を振りかざしていたりして。
 源が同じイスラム教とキリスト教ってば、昔から相性悪いですしね。アメリカの大統領は、就任の際に新約聖書に誓約しちゃってるから、なお悪い。どこからどうみても、イスラムの敵。テロリストさんたちは、命懸けで自分たちの信仰を守っている訳なのですね。まぁ、それはそれでいいんですが、他国民を巻き添えにするのはやめて欲しいものです。日本人みたいに玉砕されるのも困りますが。

 昨日のブログにも書きましたが、お米の国のブッシュさん、国防総省さんは、どういうエンディングをイメージしているんでしょうか? イスラム圏を焼き尽くすまで、イスラムの抵抗は続くでしょう。太平洋戦争終戦時の玉音放送のように、「負けました」ってイスラムの協会は宣言してくれないでしょうから。残酷だ、とそしりを受けると思いますが、あの国は、内戦やって、ある程度間引いてくれないと、纏まらないんじゃないかな、と思います。国を分裂させるとか。

 イラクに限らず、イスラエル-パレスチナ問題など。本当に必要なのは、対話や戦争ではなく、棲み分けなのかもしれません。まぁ、イスラエルもパレスチナも、聖地エルサレムが欲しいだけだったりするわけなんですが。元が同じ宗教なんだから統一して欲しいものです。無理だけど。
[PR]
by REDist | 2004-06-29 13:33 | 時事ネタ
ありゃりゃ
今日、政権移譲だってさ。テロリストの中の人も大変だ。せっせと外国人とっ捕まえては首切ってるけど、無駄ってことに気付かないのか、気付いてるけど他に方法がないから首切ってるのか、さもなくば人命の価値が果てしなく低いのか。

 何事も、物事には終わりが必要なわけで。終わりがダメな物語って結構あるでしょ。何かの力が暴走して、人類滅亡~とか。それが納得できるモノなら構わないんだけど、「収集がつかなくなっちゃいました。てへ」な、尻切れトンボにマッチ棒挿して飛ばしてますみたいな終わり方の作品。あとは、小室哲哉の楽曲とか(笑)。
 戦争なんて、とくにそれが大事なわけで。15年間戦い続けた日中戦争なんて、その最たるもの。終わらせるビジョンがないから、いつまでもずるずると戦って疲弊するわけで。山本五十六さんとか、戦争の終わらせ方を考えてた軍人さんもいたのにね。

 さて、前振りは十分。ブッシュさんというか、米国国防総省は、どういう終わらせ方を考えていたんでしょうか? フセインの圧制から解放して、全国民から称えられつつ、円満に政権移譲することだったんでしょうか。だとしたら、ちょっと遅すぎた模様で。
 フセインてば、自分の取り巻き連中に甘い汁を吸わせまくって、さらにテロ用の武器爆弾をたっぷりと準備してたのね。お陰さまで、米軍に特権を奪われた(笑)一部の連中がそのままテロリスト化。ちなみに、カメラが映す反米イラク人過激派は、これら特権階級とその一党のハズ。下層の人々は、ただ仕事くれくれ状態で、お金と信仰心で煽られてテロリスト化っぽ。確証はないけど、最近読んだ記事などから推測。

 この現状を予測できなかったのが、このドロ沼状態の発端かなぁと。肩透かしには成功したようだけど、振り上げた拳はどこかに下ろさざるを得ないので、テロ自体は予定通りに行われそうな。明日のニュースはどうなるのかな。ともあれ、今後、どのように事態を収拾していくことやら。
[PR]
by REDist | 2004-06-28 16:31 | 時事ネタ
ミニスカと年金
 なんか、謎なタイトルですね、我ながら。ええと、英国でミニスカートが発祥したのは、皆様ご存知かもしれません。日本への伝来は、ツイギーさんの来日が元ですね。んで、そのミニスカの発祥の理由は、実は消費税にあるんですね。
 英国では、衣服への消費税の適用において、子供服は除外されるんです。で、スカートでのその境目は、丈によって決められてたんですね。税金を払うのが面白くないのか、ただ単に安いのが欲しかったのか知りませんが、えげれすの若い女性たちは、丈の短いスカートを買い、これを着用するようになったとか。着てみてビックリ、足が綺麗に長く見えるじゃありませんか。ということで、英国でミニスカートが流行したという。

 イギリスの税制を考えた人達は偉いですね! そう、子供服を非課税にしたことです。ミニスカとは関係ないですよ。ええ、関係ないですとも。日本における出生率の低下の要因の一つっていうか、一番大きな理由が、育児にお金がかかること。消費税をなにからなにまで一律5%掛けるんじゃなくて、このあたりを非課税に、むしろ、補助金出して価格を下げるくらいのことをして欲しいものです。代わりの財源? それは仕方ないので、他の贅沢品と呼べるものに掛けるしかないでしょう。もっとも、消費の落ち込みで経済に深刻な影響を与える恐れが大いにありますが。

 さて。やっと年金の話に。日本の年金が辛いのは、少子化が進んでいるため。年齢別人口分布図を木に例えれば、根元が細く、梢の方が太いという、とってもアンバランスな木です。断面積あたりの荷重は増える一方。徐々に年金が値上がりしていく自民党案と、反対のための反対に忙しい他の案。どっちも大差無いんですよね。朝三暮四というか。年金上げません! と言ったところで、代わりの財源が無い。消費税から取りますか? 食品や育児用品まで、問答無用に徴収する日本の消費税から。消費税で集めたお金で年金を賄って、受給者はその年金からまた消費税を払うと。よーく考えれば、それは年金が減額されていることと同義。まぁ、そんなことになる前に、消費税の税制見直しくらいやってくれるとは思いますけど。
 結局、人口が減少しつつあるこの国では、そこから取れるパイの大きさはどんどん小さくなります。その小さくなっていくパイで、高齢者たちを養い、子供たちを育んでいかなければならない。まさに前途多難。

 のんきに足の引っ張りあいをしている政治家様たちには呆れるばかり。無論、優秀な官僚さんたちがこんな簡単なことに気付かない訳もなく。自民党案はベストでないにせよ、ベターなものだと思います。今更ですけどね。当時は呆れて声もなかった。

 さてさて。ここで題名と話が繋がるわけですが、将来の年金のことを考えると、日本としての政策は、「産めよ増やせよ地に満てよ」とせざるを得ない。当たり前。これ以上少子化が進むと、移民受け入れなどしていかないと、労働力不足で国が立ち行かなくなります。その為にも、育児にかかる費用が下がるよう、食料や子供服を非課税に、そして、学費などの負担が出来る限り減るように、国として導いていかなくてならないと思います。まぁ、親たちの考えが少数精鋭になってるんで、これの意識変革も必要なんですが。生物学的には、遺伝子の多様化が本能的に埋まってるはずなんですが、本能どうしちゃいましたか?
 ともあれ、野党の諸氏にも、反対するばかりではなく、力を合わせて、より良い日本の未来を作っていって欲しいものです。
[PR]
by REDist | 2004-06-21 15:30 | 時事ネタ
捕虜虐待を擁護する!?
 過去、捕虜や被占領地民に対して虐待が行われなかった戦争は、ほとんど無いはずです。「ほとんど」というのは、ご丁寧に「虐待しますた!」などと記録を残す阿呆が少ないということと、歴史は勝者によって書かれるものなので、当てにならないということによります。兵士への報酬が、略奪と暴行であった、という軍隊も珍しくありません。

 戦場では、理性よりも、生存本能が優先されます。弾当てたら痛いだろうなぁ、とか考えていたら、自分に弾が当たります。数日前まで同じ釜の飯を食べていた仲間が、既にただの肉塊になっていたりします。自分は戦場を経験したわけでないので、偉そうに言えたことではないですが。
 そんな状況を潜り抜けてきた人たちが、捕虜に笑顔で食事を配ることが出来るでしょうか? また、開放された本能をすぐに引っ込めることが可能なのでしょうか?

 また、マット簀巻きいじめ殺人などを例に挙げるまでもなく、人間には集団心理と言うものがあります。一人じゃとてもそんなことしない、ということでも、集団ではやってしまうことがあるのです。
 本能と理性のバランスが崩れている兵士が、些細なことから捕虜に虐待をする。集団心理で、これが周囲に感染。そして集団で虐待を行う。本能が増大しているので、本能的に、捕虜が一番大きな心理的ダメージを受けるような行動を選んでしまう。すなわち、排泄物や性的暴行など。

 これが私の持論なんですが、捕虜に対して虐待をしている人たちもまた、被害者ではないのか。戦争によって理性と本能のバランスが崩れ、集団心理がそれを加速。戦争に行かなければ、彼らは良い兄、良い父であったかも知れない。

 二次大戦中、日本軍による捕虜や占領地民への虐待が行われた。虐待を行ったのは、我々の父、祖父である日本人。あなたが戦場へ行ったとして、理性を保ち続けることが出来る、と断言できますか?


 と、上記でやめといてもいいんですが。結局、米英軍が悪いのは、捕虜待遇を普通の兵士にやらせていたことかと。専門の情報部かなにかをあてがって、効果的に尋問をすればいいのに。戦地を知らない制服組をね。あー、でも集団心理は感染するからなぁ。ともあれ、どうこう言ったところで、虐待は虐待。悪は悪です。やらないにこしたことはないですね。
[PR]
by REDist | 2004-06-15 13:13 | 時事ネタ
そういえば・・・?
 渡辺さんでしたっけ? 慰謝料と自衛隊のイラク撤退を求めて訴訟を起こした人。最初読んだのが2chへの転載だったので、ネタだと思って鼻にも引っ掛けなかったけど、ニュースを見てぶったまげた記憶が。

ネタとしても弱かったらしく、あっというまに消えましたね。かわいそうに。
[PR]
by REDist | 2004-06-14 16:50 | 時事ネタ
米軍撤退!?
な~んて韓国では騒いでいるようですが。

 ええと、用兵の基本中の基本。少数に多数で当たれ、というのがあります。数が多ければ勝ちます。錬度なんて二の次です。まぁ、近代戦はそう簡単に言い切れるモノでもないんですが。
 ともあれ、戦力は集中するべき。これは覆りません。戦力を集中するために、最も重要なのは、迅速に兵力を展開できること。敵が5の戦力で居るところに、50の戦力を電撃的に投入できれば、負けることはありえませんし、損害も軽微になるでしょう。では、その50の戦力を電撃的に投入するにはどのようにすれば良いか?

 まず考えられるのが空輸。大型輸送機でどどーんと。しかし、大型輸送機とは言え、一機の輸送機で送れる量は涙が出んばかりに少ないのが難点。最速でしょうが、量を伴うことが出来ません。
 次に陸路は、地形などの影響で戦力が分断されやすい上に、やっぱり遅くなります。
 残るは海上運搬。船は速い、安い、多いの3拍子揃った運搬手段。なにしろ、海面上には、普通は障害物ないですから、直線距離でがーーーっと行けます。ホバークラフトなどを使えば、上陸作戦も容易です。

 さて。アメリカ軍が北朝鮮と事を起こそうとした場合。まずはステルス機によって、目を潰し、重要反撃拠点を各種の爆弾を使ってめちゃめちゃに破壊。しかるのちに、陸上部隊が粛々と行軍という形になります。北朝鮮の地形は、モロに半島。両側が海。電撃的に攻めるなら、海岸に大量に揚陸して、走りやすいところを一気に走破して各個撃破、という戦法になります。つまり、半島の南側である韓国に大兵力を置いても扱いづらいんですよね。この仮想状況のアメリカの目的は韓国を守るためじゃないですし。北朝鮮を潰したいだけ。

 ちょっと話は飛んで。将棋で欠かせない駒があります。いや、みんな欠かせないんですが。攻撃の基点に必須の駒、桂馬のことです。こいつのいいところは、ちょっと離れた安全なところから、最前線を伺うことが出来ることなんですね。桂馬というバックアップがあるからこそ、前線の金銀飛車角が動けるわけで。
 周辺図を将棋盤に例えると、日本の位置はまさに桂馬の位置なんです。北朝鮮の大量破壊兵器の攻撃を受けず(受けても対処する時間がある)、手薄なところを電撃的につく作戦も可能な、戦略的にとっても重要な場所、それが日本なんですね。

 今回の韓国からの兵士引き上げは、米国が対話路線に移行するわけでも、韓国を見捨てたわけでもなく、事が起きた時に、効果的に攻撃できる態勢を整えているだけのような気がします。そこで、上記の駒の話なんですが、単純に考えて、桂馬を強化すれば、前線の飛車角を強化するよりもお手軽に効果的に戦力を強化できますよね。日本各地の米軍基地で部隊の入れ替えやら、増員が起こりそうな予感。
 って、軍事評論家あたりが既にその辺講釈してるとは思うけど。ゲームばかりやってて、朝のニュースしか見てないからなぁ・・・。

 まさか事を起こす気じゃないだろうなぁ・・・・・。
[PR]
by REDist | 2004-06-14 16:25 | 時事ネタ
開設15日で1600!?
 多い日で200人オーバーの方々がいらっしゃっている様で、こんなの10年のネット暦ではぢめてです。ブログって凄いのね。と、いうことでこの15日間を振り返ってみたり。

 5/27に開設、28日に初時事ネタを書いたわけですね。赤坂ラーメン食べながら拉致被害者家族来日から一週間のニュースを見て、そういえば・・・と書き殴ったのが始まり。yodaway2さんのところで紹介されて、あちらの人気に引っ張られるようにどーんと100アクセス。これで気を良くして、自分の思うところを書き始めたわけです。

 同級生殺害事件の報道。例によってピントのずれた報道やってるのが面白くなくて、メディア批判とか、推論とか。メディアとか世論が、その推論と同じ方面へ向かいだしたためか、じわじわとアクセス数が伸び、6/8についに200を突破。忙しくてなんも書けなかった昨日ですら140アクセスありました。まー、コメント頂いた某氏のブログでは数日で1000超えるって話なんで、まだまだヒヨっこなのですが。

 皇室のお話、皆さん好きじゃないんですかねぇ。だーれもコメントしてくれないし、どこにもトラックバック引っ張ってもらえない。まぁ、引っ張ってくる元すら見つからないんですが。皇太子殿下、めっちゃカッコイイじゃないですか。むふーー(鼻息)!! まぁ、お話作りすぎかなぁとは思うし、物語の読みすぎってのも自覚ないわけじゃないですが。年齢もちょっと高めだし、不細工ではないにしろ、美男美女というには多少語弊あるけど、陳腐な言葉を使うなら「真実の愛のドラマ」っすよ! 燃えるじゃないですか!! お二人の愛に、障害があるからこそ燃えるんじゃないですあwdrftgyふじこlp;

 とまぁ、今後とも自分の思うこと、カメラのフレームの外にある真実、そういったことを暇を見つけて書き殴っていくつもりです。固定客もついたようなので、皆さんを失望させることなく、思わず頷きたくなるような洗脳文章を書いていきたいと思います。
[PR]
by REDist | 2004-06-11 15:26 | 時事ネタ