FF完全復帰ヵ!?
 22時頃ログイン。この時間から集めてレべりングなんて出来ないので、競売チェックしてからモグハウス内で放置。溜まっていたアニメを消化しつつのんべんだらりと過ごす。ぼーっとしててもお金たまらないので、暗黒に着替えてダボイでマスク狩り。人大杉。1時間ほどやって、マスク1枚にミスリル貨3枚としおしお。

 飽きたので、DCのエアロダンシングiを起動。しばし、着艦。ただ着艦してるだけなのに、何故あんなに楽しいんだろう。その後、雷撃(石を低角度で水面に投げると跳ねるアレを利用して、爆弾を当てる)や、急降下爆撃を堪能。ちょっと幸せ。幸せな気分のまま、眠りにつく。
[PR]
# by REDist | 2004-06-03 11:04 | FF11
転石、苔むさず
 お仕事忙しくて、更新遅くなっちっち。まだ電車の中だし。軽量ノートPCは良いね。こいつの無い生活なんて考えられない。あと、Mopera with @FreeDね。一昨日はNTTコム側で分電盤すっ飛ばしたとかで、全断。り障ユーザ335000人。えらいこっちゃ。

 とりあえず、MHを立ち上げる。フレは一人も居ない。寂しさを堪え、2chの募集スレを眺める。募集出っ放しで放置状態。6月に入ったとたんコレかい。しゃーないので、無礼武で人を募ることに。黒龍の募集があったので、入ってみる。
 当然のようにDUPE(システムの穴を使って、不正にアイテムを増殖)し始める面子。一々諭すのもバカらしいので、放置。自分がやらなきゃいいんだ。いざ、戦闘始まってみたら、オンラインで初めての3落ち(全体で3人死者が出るとクエスト失敗)をかましてしまった。一人で3回も死ぬなんて・・・。メンバーの冷たい視線を耐えつつリベンジ。リベンジは果たしたんだけど、ここでいきなり一人抜け。またDUPEしに行く算段してるので、アホらしくなってMHを落ちる。

 FFを起動。MHだめぽな感じなので、FFに本腰入れるかなぁ、と前回のVerうpをチェック。競売を覗いて、追加された装備で、自分に役立ちそうなものを見繕う。サポジョブベルトと、サポジョブピアスをじっくりと。二刀流効果うpのベルト、サポ黒の精霊スキル上がるピアス、サポシのDEX上がるピアスが候補に。サポシピアスは安かったので買い。他は高すぎなので、BC行って自分で取ることに。出るとは思えないけど。
 フレンドの紹介で、割と大規模なLSに入ってみた。前猫LSリーダー逃亡直後に、2時間くらい居たことあるな、ここ。まぁ、向こうは覚えていないでしょう。ってか、やっぱり覚えてなかった。
 レベル上げ行く気しないし、時間も時間なのでLSの雰囲気をつかむべく、人として死ねない方のBlogを書きつつ放置&チャット。どっちか滞るな。きっと。
[PR]
# by REDist | 2004-06-02 21:29 | FF11
2足の草鞋
 ブログを読んだ友人がMHに上がるとのメールを寄越したので、MHを起動。ところが、FFでもBCNM(場合によっては数十~百万ギルの儲けになる)に呼ばれていたりして。ということで、PCでFF、PS2でMHを多重起動。
 差し当たりMHに精を出す。バサルモス(うちの猫(9kg)に似た飛竜。丸っこい)を厨刀で斬る。敵の攻撃タイミングやら、味方への誤爆やらでしおしお。やはり大剣はダメだ。続けて、ランスで出撃。こちらは素敵ステップで楽しくチクチク。やっぱり、ランスは良い。

 MHは、FFと違って、キャラクターとカメラの距離が一定。どちらも、カメラは壁に潜らないので、壁を背にすると、カメラの位置に支障が出る。FFではカメラとキャラクターの距離が可変な上、透過するから視界に影響はほとんどないんだけど、MHでは、カメラ距離よりも壁によると、カメラが上空へ逃げて、視点が俯瞰になる。つまり、自分と足元だけで、敵が見えない。まぁ、多分特許の問題で、可変カメラ距離が使えなかったんだろうけど。どうでもいいやね、そんなこと。

 バサルモスを合計4体倒したところで、BCNM出発のお時間。MHを落として、PS2でFFを。15分掛けてボスディン氷河を踏破。遠すぎ。後衛が多いので、2軍落ち。暇なのでウィンドシンセ(安物)吹いたり、キーボードで最近のお気に入り曲の和音を探ったり。時間かかりそうだからMHでもやろうかな、と思って接続。いきなり厨房登場。本当に中2らしい。そりゃ、ガキっぽいのも仕方なかろうて。高校入学当時の自分の行動なんて忘れたくても覚えていないさ。いや、思い出したくないの。マジで。マンチキンだったし。

 MH繋げた直後に出番登場。スリプガやらブリザド3やら、黒魔法を中心に色々。やっぱり、赤魔道士は良いね。リフレシュさえなければ、本当に楽しい。ほんと、しばらく離れている間にリフレシュにアレルギー出来ちゃったよ。リフレシュかけたくない。

 その後、数戦参加して、明朝早いと言うことで中座。そのまま寝てしまいましたとさ。このLSは駄目だなぁ。学生というか、廃人ばかりでついていけない。サラリーマンを中心としたLS探して潜りこもう・・・。
[PR]
# by REDist | 2004-06-01 10:52 | FF11
敵前逃亡は銃殺! ~ジェンキンス氏の抱える問題~
 何時の頃からそうなのか分からないが、軍またはそれに類するものでは、脱走=処刑であった。裏切り、寝返り行為全てがこれに準じる。故に、日本の戦国時代の寝返り劇は、世界的に見ても特異なものだったりする。

 閑話休題。なぜ脱走兵は処刑されるか。アイスホッケーのパワープレイとか、バスケやサッカーで一人退場になった時を想像してもらえば分かるが、一人抜けるだけで、決定的なまでに戦力差がつく。スポーツならまだいいが、戦争では味方を殺す行為であることを分かってもらえると思う。
 ましてや近代戦。一人の脱走兵が、味方の駐屯している座標を手土産に、敵国へ逃亡した場合、その場へ遠隔砲撃や爆撃が行われるだろう。数人から数十人の犠牲は避けられない。さらに、その犠牲の為に戦線を後退させると、他の拠点に負担がかかり、ここでも多くの死者が出ることになる。
 つまり、一人の脱走兵の為に、数百人単位での死者が出る可能性があるのだ。昨日のニュース(どこかは失念)によると、ジェンキンス氏の責で153名が死亡したという説があるそうだ。つまり、間接的とはいえども、ジェンキンス氏は153名の同胞を死に追いやった極悪人ということになる。アメリカ軍は、遺族感情を考えても、ジェンキンス氏をのうのうと日本で暮らさせるわけにはいかない。また、彼のような脱走兵を今後出さないためにも、見せしめの意味も込めて、彼を極刑に処さざるを得ない。

 日本政府としても、それが分かっているだけに、手を拱いていることしか出来ないのであろう。私には、そのまま中国などで共に暮らすくらいしか、思い浮かばない。曽我さん一家が、安心して平穏に暮らせる日は来るのか・・・?
[PR]
# by REDist | 2004-05-31 12:15 | 時事ネタ
赤魔道士
 β時代から、ずーーーっと赤魔道士でやってきたんだけども、最近はなんか苦痛で。仕事が多いのは構わないんだ。開幕に弱体数種を立て続けに掛けたりするのは、今でも大好き。見た目は微妙だけど、消費MPに如実に効果が表れる弱体魔法は、私の好み。回復なんて、白魔道士が居れば十分足りる。足りない時に手を貸せば十分。精霊だって、MBや戦闘終了間際に畳み込めれば十分。他の時間は殴ってダメージを与えるってスタイルが取れれば、きっと幸せになれる。それをだいなしにしているのが、リフレシュ。赤スレの、導入当時の自分のカキコを見てみると、やっぱり批判的なのよね。

 私の主張はこう。「精霊スキル C→B」、「命中率UP魔法追加」、「クリアマインド強化」。当時の、詩人の圧倒的人気を支えていたのが、バラード。MPが常に回復している状況と、そうでない状況では、狩りの効率が、場合によっては倍近く変わってしまう。1時間待ってでも詩人を探したほうが効率が良いので、仕事がかぶる赤魔道士が割りを食っていた、という背景がある。
 そこで、詩人が居なくてもそこまでの差が出ないように、クリアマインド側を強化するという案を提唱、基本的に低すぎる赤の能力を補うために、精霊と物理のテコ入れを主張していたわけだ。

 ところがどっこい、■e側は何を思ったか、詩人の売り、MPヒーリング魔法、リフレシュを赤に寄越した。それも単体魔法、キャスト、リキャスト共に長め。このリフレシュのお陰で、赤魔道士の行動は大きく制限されることとなる。常時3~5人にリフレシュを配ることを強要される。リキャスト間隔は約23秒。1分から2分ほどは、リフレシュを念頭に置いた行動を強要されるわけだ。これでは、元々仕事の多い赤魔道士はあっぷあっぷしてしまう。結果、赤魔道士は後ろでリフレと弱体よろ、という事態を招くことになる。

 もし、当時の自分のメールが採用されていたならば、もう少し違ったヴァナ・ディールになっていたような気がする。うはwww自惚れすぎwwwwwwwww!1!!。
[PR]
# by REDist | 2004-05-31 11:31 | FF11
MHかFFか
 基本的に、会社での時間つぶしでブログを書いているので、土日祝日はお休みです。保守業は、座って待機しているだけでお仕事になるんで、この点は楽で良いです。

 さてさて。まずは、金曜日の夜。 いつも入り浸っているチャットが鯖不調で動かないので、私のプロバイダに置いてあるミラーでチャット。2時過ぎまでチャットしながらモンスターハンターやっていたんだけど、気がついたら時計の針が4:30へワープ。痛む首を押さえつつ、布団へ。

 明けて土曜日。モンスターハンターを起動(笑)。メインキャラで、飛竜の尻尾を切りまくる。普通、あごの下にあるはずの逆鱗が、このゲームでは尻尾にあるのだ。この逆鱗を3つ集めると、最強のボウガン(というか、銃)が作れるんだな。今のとこ1枚ゲット。ちなみに、ドロップ率は1%なので、200匹狩って揃うかどうか。気が遠くなる。そのまま布団で意識を手放す。
 15時頃目覚めて、風呂に入る。そして、近所のPCパーツショップへ。PCが加熱で落ちまくるので、排熱をなんとかしようと。母板の「Aopen」と書いてあるヒートシンクが、目玉焼き作れるほど熱いので、これを冷やす方策を考える。それ用のファンとか、転用できそうなものが見当たらない。チップセットクーラーなるものを発見したけど、これはVGAカードに付けるモノらしい。しゃーないので、ケースのファンを大風量のものに換装してみることに。
 結論。冷えるようにはなったけど、うるさい。前面のファンは元通り清音に、背面は温度によって回転数が下がるようにセッティング。いくらかマシになったような。
 土曜の晩はやっぱりモンスターハンター。セカンドキャラで火竜を倒す。思ったよりあっさり倒せてビックリ。まぁ、総計500時間やってれば、うまくもなるわな。日付が変わる頃、完全にセカンドに飽きる。メインに戻し最終にして最強の黒龍を倒しに行く。かったるいので、無礼部の募集に便乗。これが間違いだった。貴重な拡散弾とお金を失うだけの結果に。メンツはちゃんと選ぼう。orz

 日曜日。ブレイドもプリキュアもやっていない。遅かったかな。ともあれ、FFを起動。久々にレベル上げでもしようかと、サーチコメントを記入中、忍者AF3、竜騎士AF3の合同ツアーのshoutが。半年近くレベル上げしてないけど、忍者もAFのお年頃。ツアーに参加してNM(ボスみたいなもの)だけでも倒しておこうかと。これまた、まとまりのないアライアンスで、あちこちでポコポコ死人が出る始末。ほとほと疲れ果てながら、午後に解散。その後、レベル上げする気力もなく、細々とアイテムを作って売る。
 やっぱり、レベル上げダルいのでログアウト。モンスターハンターを起動。昨日のリベンジとばかり、黒龍にアタック。今回は無事に撃破。あと一回倒せば、最強の槍の素材が溜まるなぁ。素材が溜まったので、何気なく最強の両手剣を作ってみた。多分使わないけど。

 さて、日曜日のチャットで紹介されたページをさらに紹介。普通、こんなの信じないでしょうに・・・。
[PR]
# by REDist | 2004-05-31 10:42 | FF11
支援の是非
 米25万トン。「家族一人5万トンという計算が成り立つんですが」と質問してた阿呆な記者が居ましたね。どういう意図で質問したのか謎ですが。

 現状、北朝鮮に支援物資を送っても、特権階級がそれを闇市場に横流しするだけ、と言われています。25万トンという膨大な量の米を押し付けてやれば、闇市場も値崩れすることでしょう。少々乱暴な方法ではありますが、これが本当の意味で役立つ支援ではないんでしょうか。いかな特権階級でも、25万トン全てを着服できませんからね。少なくとも、倉庫に入りきらない分は、国際機関の監視の下、本当に支援が必要な農村部の人々の元にも行き届くかもしれません。

 過剰なまでの米と薬品。特権階級の倉庫をパンクさせることによって、本当に支援が必要な人々へ行き渡るよう画策したモノだと仮定すると、今回の支援は実に巧妙と言えるのではないでしょうか。たとえ、それが拉致被害者家族の代金と罵られようとも。
[PR]
# by REDist | 2004-05-28 15:26 | 時事ネタ
拉致被害者家族について
ブログってこんなのっていうイメージがありおりはべりいまそかり。

 拉致被害者の家族が日本へやってきて一週間。その日の記者会見で、子供達が来日したことを手放しで「良かったですねぇ」とか言ってるアナウンサーにほとほと呆れた。
 向こうの歴史の教科書で、日本はどうかかれていることやら。子供達はその教科書で、日本は恐ろしい帝国主義国家。軍事大国(軍事費だけ見れば、あながち間違いでもない。物価指数と比べればいいのにねぇ)とか教わってきたわけで。
 両親が日本へ一時帰国し、そのまま日本に定住。北朝鮮本国ではどのように伝えられていたことやら。一説には「日本政府によって拉致された。開放要求にも応じない」と報じていたらしい。飛行機から降り立った、地村3兄弟長男の強張った顔。姉と弟は俺が守るぞ、という決意がそこに読み取れた。

 新しい自宅で家族5人、どのような会話が為されたのか。地村父は、日本の現状、北朝鮮の外側から見た現状を、子供達へ正確に伝えることが出来たのか。また、自分の考えを持つ歳に成長した子供達は、それをどのように受け止めるのか。「父母は日本政府に洗脳されている」とか思ってはいないのか。私は自分の価値観が覆るような事件に出会ったこと無いので想像もつかない。
 また、脱走兵ジェンキンス氏。敵前逃亡は銃殺という原則を曲げるわけに行かないアメリカ軍と板ばさみの日本政府。彼の価値観はどうなっているのか。アメリカの手の届かないところで会談を行うとして、その程度でそれを改め、子供たちと共に日本へくる決心をするのか、はたまた、それをアメリカ軍は認めるのか。
 まだまだ問題は山積だ。

 ところで、野党のお仕事っていうのは、与党の足を引っ張ることでいいんですよね?


※※※※※ 追記 ※※※※※
午後のニュースを見た限りでは、地村一家、蓮池一家ともには心配ないようです。良かった。 参照
[PR]
# by REDist | 2004-05-28 14:03 | 時事ネタ
FF復帰二日目
 FF復帰二日目。会社から帰宅して、PS2を起動。MHが起動したので、厨房キャラでしばらく遊ぶ。両手剣強化の為に、ラプトルを狩りまくる。爪が溜まったので、蛇刀(両手剣の一種)の2段階まで強化。
 そのまま、オフラインクエストの☆3を。ケルビ狩ってたら、大怪鳥の襲来。確か、☆4のクエストで倒すんだったけなぁ、とか思いながらさくっと殺害。基礎が出来ているせいか、貧弱な装備でも危なげなく。最初、滅茶苦茶苦労したんだけどな。閑話休題。
 死体を切り刻んでいたらレアな「大怪鳥のクチバシ」をゲット。これは沼地の爺さんに渡すと、ライトクリスタルに交換してくれる。ライトクリスタルがあれば、蛇刀を最強段階へ強化できる。思わぬ幸運に喜びつつ、沼地へ行くためにオンラインへ。オフだと☆5まで行かないと沼地に行けないのよね。
 折角なので、厨房溢れるブレイブサーバーをチョイス。難なく爺交換を済ませ、満足。あとはまたラプトルを狩って爪を集めれば現段階で最強の両手剣を鍛えることが出来る。と、そこへ一人の厨房が出現。

厨:「☆4の火山へ連れてってww」

 挨拶もなしにいきなり。本当に居るのね、こういう阿呆。火山へ行くと、紅蓮石という鉱石が掘れる。厨刀と呼ばれる、最強厨好みの両手剣を作るのに必須なのだね。自分のランクが足りないのに、他人に寄生して、格上の武器を作ろうとしているわけだ。いわゆる、寄生厨。
 火山は☆5~なので、「火山は☆5にならないとありませんよ」と、分かりきったツッコミを入れてみる。

厨:「☆5だったw」
R:「☆5に上げれば、自力で行けるようになりますよ。頑張って上げてね」
他:「わたしもそう思います<以下、無礼な奴を拒絶する内容>」
厨:「連れてってよ」
R:「ママに頼みな」

しばらくして

厨:「うざーー」
・厨房が街を出ました

「うざーー」発言から、街を出るまでの時間、わずかに0.5秒。華麗なまでの捨て台詞。さすが厨房の掃き溜め、ブレイブサーバー。期待に違わぬ見事な厨っぷりを拝ませていただきました。

 このあと、無事に蛇刀を作成。オフ☆4のクエストをバリバリこなし、☆5にあがったところで眠くなったのでやめ。


 ・・・・・・FF起動して無いじゃん。
[PR]
# by REDist | 2004-05-28 11:15 | FF11
ぶろがーでびう
 そろそろFFに復帰しようかなの心で、ついでにブロガーもデビュー。とはいっても、ブログについてあまりよく分かってないんだけど。日記と自己主張の相の子かな。

5/26
 夕べは・・・モンスターハンターで2ndキャラ育ててました。復帰してないじゃん。
大剣使いの厨房を演じようと思って作ったんだけど、気がついたら、しっかりとした防具を着けてて、これでは武器に全てをかける厨房として失格な状態。
 まぁ、オンに出た時に弱い鎧を着ていればいいだけのこと。あ、攻撃力+のクックセット着けておいたほうが厨房っぽいかな。それなりに、新しい遊び方を編み出したかも?

 FFに戻る気力が湧かないのは、主だったフレンドがFFを離れてしまったことが大きい。むかーし入ってた@homeなLSが懐かしいけど、それは既に失われたモノ。適当なLSに入って、裏やらバリスタやらに参加するようになれば、またFF漬けの毎日に戻るのかな。

 久々に赤スレを覗いてみた。今はサポ談義のループ中らしい。いつもの赤盾さんが鼻息荒くしてる。私自身、昔は赤盾をやったこともある。LSでレベル上げに行ったとき、野良でPT組んだはいいけど、盾がどうしても見つからなかった時。十分に盾をこなせるだけのポテンシャルはあるんだけど、ブリンクの残量、ストンスキンの残量、敵の攻撃タイミング、ヘイト管理などをやってると、激しく疲れる。ていうか、集中力が持続するひとじゃないと、赤盾は無理。私はそれ故に忍者を諦めた経緯を持つし。
 散々既出なことを書いて、一個釣りをして寝ました。
[PR]
# by REDist | 2004-05-27 11:09 | FF11